自乙組織化と磁気ポーラロソ効果

果てしなく遠い、ゴールを探しながら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

栃木SC VS サガン鳥栖

20090829213011
栃木SC VS サガン鳥栖
0-2

久しぶりに観たら外国人が加入してた。途中から加入するってことは最下位ってことを結構危機的にみてるのかも。いいことだ。初年度だからって最下位がいいわけないんで頑張ってほしい。

【前半】
前半は1本ビックチャンスを逃したのは本当に大きい。決定的なチャンスだったのになぁ。こういうチャンスを活かすために補給したのに。残念。

鳥栖のあのPKはちょっと微妙。あの前から何回かFKやCKで倒れていたからそれを見ての判断なのかな。でも遠くから見てた感じではPKはちょっとって感じ。

攻めに関しては右サイドからの崩しがうまくいってた感じなんでこの調子で頑張ってほしい。

【後半】
後半は散々。チャンスも作れず、ピンチばかり。1人退場してからはもうガタガタ。点が入る臭いが全然しない。攻めに人数を割かないといけないので守備に人が足りず、そのためピンチの連続。散々ですな。1人退場したら厳しいよ。

ただ退場したから負けたかというと、そうでもない気がする。力の差が見えてた気がする。ちゃんと崩せてないしミスも多いし。コンセプトもちょっと分からないので何をしたいのかが見えてこない。負けるのは仕方ないけど(仕方なくはないけど)、どんなスタイルにするか明確にしたい。

【総括】
今回は最初の20分だけ面白くてあとは見ててつらい内容だった。ミスも目立ってきているし、走れてない部分もあるのでその点を修正してほしい。難しいとは思うけど。

最後に審判について。今回はちょっと審判の姿勢がころころ変わってる気がした。自分は審判には結構寛容で今回の退場に関しては妥当だと思う。ただPKの場面とかスローインの場面とか集中力が欠けてるなって思われる部分が散見された。反省して次に活かしてほしい。

スポンサーサイト

2009年08月29日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。