自乙組織化と磁気ポーラロソ効果

果てしなく遠い、ゴールを探しながら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

栃木SC VS ザスパ草津

栃木SCvsザスパ草津


栃木SC VS ザスパ草津
0-0

久しぶりの生観戦。スピーカーが増えてたりしてて設備が充実していたのがびっくりした。少しずつだけど改善されているのがいい。

【前半】
決定的なのが1本。あとすごいシュートが1本。どちらも入っていればって感じやったけど、どっちもキーパー触ってるからなぁ。ただ本当に惜しかった。

内容としては中盤はどっちもプレスがきつくてなかなか繋げない感じ。ただまだ栃木のほうがサイドをうまく使って崩せてる。逆に草津は中盤がまったく機能せず。仕方なしの縦ポンが目立つ。この点はいい感じ。ただ草津の2トップはちょっと怖い雰囲気をかもしだしている。競り合いだと勝ってるし。セットプレーは気をつけないと。

この調子でいけば後半点が入りそうな感じがする。

【後半】
結局、点が入らなかった。残念。この引き分けはちょっと痛いな。ホームだし、なおさら北関東ダービー。なんとかして勝ちたかったけど勝てなかった。

後半は最初、栃木ペース。プレスも効いていたし、FWにも仕事させてなかった。ただ後半途中にFW1枚追加したからか、草津が2人交代したせいか、段々と草津のパスが回りだす。パスが回ると危ないシーンがちょこちょこでだす。ただ最後の部分でしっかりと集中できていたと思う。守備は安心して見られた感じ。

攻撃面はというと、トラップがってシーンが2、3度。FWがしっかり止めてシュートを打たないとなかなか点が取れる雰囲気が出ない。クロス上げても入る気がしない。これは結構致命的なのかな。補給とかしないといけないレベルなのかも。こぼれ玉をシュートってのがよっぽど得点の臭いがしたもんなぁ。

【総括】
チャンスも栃木のほうが多かったし、中盤も勝っていたと思う。ただ決定的なチャンスを活かすこと、そしてしっかりとFWが点を取れることがやっぱり大切だと思う。

スポンサーサイト

2009年07月25日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。