自乙組織化と磁気ポーラロソ効果

果てしなく遠い、ゴールを探しながら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

浦和VS清水

3連休に埼玉スタジアムで浦和VS清水戦を見に行った。
正直、浦和ファンではなかったのでどっちが勝ってもよかったんだけど
一応ホームの浦和を応援することに。

で、結果は2対1の負け。
浦和は攻めがチグハグで形になってない。

というか闘莉王、攻めたら戻れよ。
闘莉王が戻らないので真ん中にスペースができて
そこからいい形にされていた。
勝ち越しゴールも中央からだし。

せっかく阿部がいるんだから闘莉王をボランチにするよりも
阿部ボランチ、闘莉王センターのほうが攻撃に厚みがでると思うんだけどな。

闘莉王はDFだからこそ攻撃に出たときの魅力が増すのに。
闘莉王よりも阿部のほうがボールさばけるし。

う~ん、1試合しか見てないからあんまし言えないけど。

それにしても清水の攻めは見てて面白かった。
ボールを持つとサイドが広がっていって
サイドで勝負するという意図が伝わってきた。
コンセプトがしっかりしているチームはいいな。

久しぶりにJリーグを見に行ったけど結構面白かった。
帰りの電車も混むと思ったけど結構すいていたし。
また機会があれば見に行こう。

スポンサーサイト

2008年11月25日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。