自乙組織化と磁気ポーラロソ効果

果てしなく遠い、ゴールを探しながら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

今、悩んでいることがある

今、悩んでいることがある。

それは将来のこと。
このまま進んでいっていいのだろうか。
そういうこと。

会社に入って分かったことがひとつある。
それは会社でもっとも必要な能力はコミュニケーション能力ということ。
これが大切。

これがないと仕事がまったくはかどらない。
ものひとつ借りることもできない。

万年平社員と管理職の違いってコミュニケーション能力の差によって生じる
ネットワークの差によってできる気がする。

平社員はネットワークが狭くても仕事はできる。
他とのつながりを管理職の人に任せればいいのだ。

だから技術力があってコミュニケーション能力がないひとは
専門職として頑張ることとなる。

それで生きていけるのが大企業ならではだけど。

管理職は管理しないといけないからコミュニケーション能力はもちろん
人と人とをつなげる仕事も必要。

ちなみに役員クラスだとネットワークが社内だけではなく社外にも必要になる。

そうじゃないと自分で全部やらないといけなくなる。
それははっきり言って不可能。
誰かにやらかすしかない。

そこで自分に戻る。
自分はコミュニケーション能力がない。
ひとと関わることが苦手。

ではどうすればいいか。
このままだとジリ貧になる可能性がある。

でも転職したって仕事に一番必要な能力が欠如しているんじゃ同じこと。

方法は2つ。欠点を克服するか、他を伸ばして欠点を補うか。
どちらか。

他を伸ばす、たとえば専門技術を磨く。
確かにそうすればその道の人として生きていけることになる。

ただし、その専門技術がずっと使えればの話だが。

欠点を克服してコミュニケーション能力を高めるしかない。
どうすればいいのか。

それは積極的に外に出るしかない。
大学もそうやって少しずつだけど伸ばしてきた。

積極的にいくしかない。

スポンサーサイト

2008年11月17日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。