自乙組織化と磁気ポーラロソ効果

果てしなく遠い、ゴールを探しながら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

OBカップ試合雑記

OBカップ個人戦が終わりました。
今回も相変わらず、シングルス、ダブルス1回戦負け。
テニスで勝った記憶が最近ないな。

試合内容の感想はダブルスはそこそこ動けていたと思う。
ただ試合の後半緊張して硬くなってしまったのが残念。

試合で緊張するとはまだまだ若造です。

で、シングルスはさくっと負けた。
友人は足が動いていないと言ってたけど
まさにそのとおり。

ミスっぱやいし遠い玉が打てないしでもう終わってる気がする。

なんとか対策をたてないとな。

で、その後ちょっと平砂コートで練習して思っていたのは
このままじゃ駄目だということ。

普通に後ろからラリーをしててても勝てる気がしない。
どうすればいいのだろうか。

考えとしては

1.前に出る
2.スライスばっかにする
3.グリグリのスピナーになる。
4.1球で決める
5.走りこみをする

ばっと考えたのはこれだけ。
理想としては1.前に出る、がいい選択だと思うけど
それをやるには明らかに練習不足。

いまのままの練習量だとできるわけがない。

ではどうするか。
4.1球で決める、は論外。
それができれば誰でも勝てる。

2.スライスばっかにする、はいいのだけど、スライスって結構難しいからな。
ちょっとずれると修正できないし。

バックのスライスを練習しようかなっては思っている。

残るは3.グリグリのスピナー、ってのが現実的なのかな。
トップスピンって振れば振るほどいいし。
ちょっとくらいの練習不足もなんとかなりそう。

次の練習からはフォアはトップスピン、バックはスライスを練習しようかな。
頑張ろう。

スポンサーサイト

2008年11月03日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。