自乙組織化と磁気ポーラロソ効果

果てしなく遠い、ゴールを探しながら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

新入社員から入社2、3年までに身につけておくべきこと

新入社員になってから半年が過ぎた。
会社の雰囲気には大分慣れてきたけど
まだまだ仕事の面では全然できてない。

今の段階では仕事ができないのはしょうがないと思う。
同期と比べて自分はできてない面が多くある気がするけど
それは誤差だと割り切っている(願望も含んでいるけど)。

2、3年働けばきっと仕事の面に関しては
身についてこなしていけるはず。

それよりも今、こころがけていくべきことは3つあると思う。

◎生活習慣。

朝・昼・晩ちゃんと規則正しい生活を送るってことだけじゃない。
会社から帰ったあとや休日に
どうやってストレスを発散できるかが重要だ。

仕事っていうのはどんなに自分のやりたいことであっても
疲れるものだしストレスを感じるものである。

テニスを趣味でやるには問題ないけど
プロとしてやるとプレッシャーを感じるのと同じこと。

だから、仕事が終わったあとに疲れを癒せる仕組みを作ることが
大切になってくる。

それは休日テニスをしたり、読書をしたり
ショッピングに行ったりとなんでもいい。
とにかくストレスを溜めない暮らしをしていかないといけない。

その仕組みができていないと将来必ずガタが来ると思う。
今はまだいいけど、段々とストレスがたまっていって
過労で倒れてしまう可能性がある。

趣味を増やすなり、運動をするなりして
うまく気分転換できるようにしたい。

◎体力つくり

仕事ができる体を作っていく必要がある。

会社に入って残業を経験して
自分には体力がないことを痛感した。

夜遅くまで頑張ると次の日は疲れを感じたり
体調を崩してしまうことが多い。

これは自分の体力がないためだと思う。
大学院生になってから運動をしていなかったので
どんどんと体力が落ちてきている。

今はまだ若いから大丈夫だけど
将来管理職になって今よりも労働時間が長くなると
体力不足で息切れしてしまう。

そうならないためにも今からウォーキングやランニングをして
少しでも体力をつけないといけない。

◎お金について学ぶ

社会人になってからは給料をもらうことで
少しずつだけど貯金ができるようになった。

そのまま銀行に預けるのもいいのだが
それだとお金を『貯める』だけになってしまう。

せっかくの貯金なのでこのお金を『増やす』手段を
見つけていきたい。

具体的には株式投資や投資信託など
資産運用によって増やしていく。

その運用方法について学ぶ時期が今なのだと思う。

なぜ今から学ぶ必要があるかというと
資産運用は長ければ長いほど楽になるから。

今の貯金を来年までに2倍に増やすのは難しいけど
30年後までに2倍に増やすのは可能である。

また若いうちに投資して失敗してもまだ傷が浅いという一面もある。
これが40代で子供の教育資金を失いましたじゃ
シャレにならない。

今から失敗しながら学ぶことで
将来の生活が裕福になることができると思う。

自分のもこの3つを意識しながら
日々の生活を頑張っていきたいと思う。

スポンサーサイト

2008年09月23日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。