自乙組織化と磁気ポーラロソ効果

果てしなく遠い、ゴールを探しながら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

タブロイド

タブロイドタブロイド
(2006/09/22)
ジョン・レグイザモ、レオノール・ワトリング 他

商品詳細を見る


南米が舞台の映画。

日本やアメリカと違って生活の様子などが全然違う。
拘置所とか。

アスファルトの上ではなくて地面の上や川沿いに住んでいる。
文化が違うと風景は全然違うな。

で、内容はというと
ちょっと見るのに苦痛を感じる映画だった。

なんかながら見とかしないと見るのがきつかった。
なんでだろう。

テーマがちょっと重かったからか。
あんまりテンポが良くなかったからか。

皮肉が聞いていたり、内容は考えさせられるものだったけど、
映画の面白さとしてはう~んって感じだった。
スポンサーサイト

2008年05月03日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。