自乙組織化と磁気ポーラロソ効果

果てしなく遠い、ゴールを探しながら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

基礎力

 最近、日々の生活は卒論中心になっている。そりゃそうだ。卒論を提出しないと卒業できないし。提出まであと10日くらいしかないし。毎日パソコンの前に向かってカタカタとタイピングしている。先輩の卒論や修士論文を見たり教科書を見たり。そんなときいつも思うことがある。俺には基礎力がない。

 4年生になって研究室に配属される。そして1年間が経過した。装置に触れたり実験をしたりしてある程度の知識を得たとは思う。だけどそれはあくまで実践的なもの。どうしても目先の知識でしかないような気がする。上手く説明できないがどうも『うわべ』の知識な気がする。

 今、やっている研究は応用だ。基礎力があって始めて身につくものだ。量子力学、固体電子、統計力学。そういった基本的な知識があってから量子ドットや磁性を扱うものである。そういった基礎の部分がないのにやっているからどうしても小手先になってしまう。そう思う。

 卒論が終わってもまだ2年大学に残ることになった。この2年間が自分の人生の中で最も大切な時期だと思う。本当に。この2年の暮らし方で俺の人生は決まるだろう。それくらいの覚悟は実は俺のなかにある。この2年はしっかりと土台を固めていきたいと思う。だらけてしまう部分もあるとは思うが頑張っていきたいと思う。基礎力はつけないとな。

スポンサーサイト

2006年01月28日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。