自乙組織化と磁気ポーラロソ効果

果てしなく遠い、ゴールを探しながら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

夜のピクニック

夜のピクニック 通常版夜のピクニック 通常版
(2007/02/23)
多部未華子、石田卓也 他

商品詳細を見る


茨城の高校(水戸一校?)をモチーフとしたお話。
80kmウォーキングの間の起こるお話。

以下ネタバレありです。

最初はあんまり期待してなかったけど
見だしたら結構面白かった。

自分としては主人公2人のお話よりも
その主人公の友人2人が印象に残る。

特に忍(西脇の友人)が不憫でならない。
本当、友人のためにすごく頑張って中を取り持って
自分の心を押し隠してるのは切なくなってくる。

こういう純粋に友人のために頑張るってお話が好きだ。
純愛よりも断然面白い。

「俺にかまわず先にいけ~!後で必ず追いつくから!!」
みたいな少年漫画的な自己犠牲がいい。

そういう意味で自分はまだまだ子供なんだなって思う。
スポンサーサイト

2008年02月11日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。