自乙組織化と磁気ポーラロソ効果

果てしなく遠い、ゴールを探しながら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

初めて教壇に立ちました

先生が学会で出張のため
先生の授業を代わりにやることになりました。

とは言っても先生からもらった演習のプリントを配って
監督をするだけ。

それも別にテストではなくて
教科書を見てもOKという演習の時間。

だから気楽にやりました。

ただ、適当にヒントを与えて下さいと頼まれていたので
黒板にやり方とか書いたのだけれど
これが意外に難しかった。

何が難しいというと、
あまり適当なことはいえないということ。

どういうことかというとヒントを与えたりすると
生徒は完全に鵜呑みにするので
これで間違ったりしたらブーイングもの。

だから結構慎重に答えを見ながらやってました。

とは言っても採点も自分でやらないといけないので
座標軸の取り方を統一しといたほうが
後々楽になる。

だから座標軸はこう決めたほうがいいよみたいなヒントを
与えました。

これで分かったのかどうかは
今からやる採点で判別することに。

どうなっているか楽しみです。
スポンサーサイト

2007年09月10日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。