自乙組織化と磁気ポーラロソ効果

果てしなく遠い、ゴールを探しながら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

モチベーションの振幅

最近気づいたこととして、

自分には『やる気の波』ってものがあることだ。

どういう意味かというと

めちゃくちゃモチベーションが高くて

ガンガンに勉強するときと、

まったくやる気がなくて

家に引きこもっている時期と、

2パターンあるということだ。

で、今はやる気ありまくりの状態。

こういう状態のときはブログをよく更新する。

やる気ないときはブログなんて見向きもしないから(笑)。



そこで今考えていることは

この波の振幅をいかにして減らすかということ。

やる気あるときはいいんだけど、

やる気ないときがかんなりやばいので。

色々と考察した結果、

「やる気をセーブする」ってことを行えばいいことに気づいた。

どういう意味かというと、

「やる気」モードのときにガンガン勉強するのではなくて

適度に息抜きをしながら仕事をするということ。

あんまりやりすぎるのもよくない。

適当にやるのが一番いいのだ。

これを心がけていきたい。

スポンサーサイト

2006年06月14日 トラックバック(0) コメント(2)

>波の振幅をいかにして減らすかということ
これ自体、気にし過ぎなんじゃない?
やる気のあるときはいっぱい動いて
ないときはまったり休む、でいいと思いますよ。

「自分、ちょっとやり過ぎだな」と認識しているだけで
ぜんぜんオッケー。

自分もそんな感じなので、
こんな感じで自分に言い聞かせています。

2006年06月14日 Takeshi# URL 編集

モチベーションがめっちゃ高いときとないときの勉強量の差がありすぎるので・・・。

やる気がないときにも課題はあるし。それをやらないといけないので。

ルーチンワークが止まるのが痛いです。

2006年06月18日 w.v URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。