自乙組織化と磁気ポーラロソ効果

果てしなく遠い、ゴールを探しながら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

フォーガットン

監督:
出演: ,  ,  , 

Story
『愛がこわれるとき』のジョセフ・ルーベン監督が、ジュリアン・ムーアらハリウッドを代表する演技派俳優陣を迎えたサスペンススリラー。愛する息子を失ったテリーは、写真やビデオテープから息子の姿が消えてしまう...(

 期待はずれ。「この展開にだけはなってほしくないなぁ」って思っていたのにその通りになってしまった。ショック。予告は面白そうだったのに。予告だけにしとけばよかった。見るんじゃなかった。

 う~ん、もうちょっとひねってほしかったなぁ。俺にでも分かるような展開だけはしてほしくなかった。一番安直なストーリーにしてしまったと思う。本当に。

 残念だ。かんなりショック。期待していただけに・・・。

スポンサーサイト

2006年01月15日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。