自乙組織化と磁気ポーラロソ効果

果てしなく遠い、ゴールを探しながら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

バイオハザードII アポカリプス

監督:
出演: ,  ,  , 

Story
世界的メガヒットゲームが原作のアクションムービーに、再びミラ・ジョヴォヴィッチが主演で挑んだ続編。ハイブでの死闘の後、病院で目を覚ましたアリスは、生き残った者たちとT-ウィルスが蔓延した街から脱出を試み...(

 う~ん、ちょっと微妙。確かに面白かったけど、主人公が超人離れしたところがちょっと・・・。現実味があんまりなくなった気がした。主人公がウィルスを植えつけて超人になる。見ててゲームの「パラサイトイブ」みたいな設定だな。見ながらそう思った。

 ストーリーもホラーではなくてアクションだなぁって思う。監督はホラーにしたがっているのは感じられたけど。最後の終わり方とか。でも怖い場面とかなかったし。ガンアクションがガンガンあって迫力はあったけど。

 それにしてもこの映画を見て感じた場面は「科学者は最優先で保護される」というところ。危険が迫ってきたときは国民はないがしろにされ、科学者や政治家が真っ先に逃げ出す光景。これは戦争などが起こったときでもきっとそうなるだろう。この場面が自分のなかで一番怖かったんだけど。

 結論としては『2』よりは『1』のほうが面白かった。

スポンサーサイト

2006年01月10日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。