自乙組織化と磁気ポーラロソ効果

果てしなく遠い、ゴールを探しながら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

ザ・コア

監督:
出演: ,  ,  , スタンリー・トゥッチ

Story
地球の核“コア”が停止し、人類は1年以内に滅亡の危機に陥る。人類の存亡をかけて、選ばれた6人の精鋭たちが地下1800マイルへと潜り奮闘する姿を壮大なスケールで描いたSFサスペンス。未だ解明されきっていないコア...(

 この前、テレビで放映していた映画。3流映画かなって思いながら見ていたら意外に面白かった。最後のほうはかなり真剣に見入ってしまった。

 ストーリーはよくある話で地球滅亡の危機にアメリカ人数人で船に乗ってなんとかするって話。世界で協力してってナレーションが入っているけどクルーは全員アメリカ人って・・・。ハリウッドらしいなぁ。今回の舞台は地球の核。ここが原因不明の停止状態になって電磁場が発生しなくなったらしい。なんで直接行って核を爆破させて動かすしかないという状況に。こういう設定。

 で、コアに向かっていく途中に色々と問題が発生しクルーたちは一人ずつ死んでいく。まぁ、ここもよくある話。(映画のなかで)死んじゃうのはしょうがないと思う。

 で、最後にセットしたはいいものの、脱出不可能な状況に。ここからが面白かった。主人公は最後まで諦めずに努力する。そして解決の糸口を見つけて脱出する。ここが良かったと思う。安易に諦めて主人公が死んでおしまいってしなかったところが良かった。見ている途中は絶対に助からないだろうって思っていたから。主人公が死んでお涙頂戴よりは断然良かった。やっぱり最後まで諦めないで努力しないと。

スポンサーサイト

2005年12月28日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。