自乙組織化と磁気ポーラロソ効果

果てしなく遠い、ゴールを探しながら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

心での理解

 頭の中ではわかっていても心の中ではわかってない。逆に心で感じてはいるけれども頭の中では拒絶しようとしている。そういうことが多いと思う。


 自分は1歩1歩着実に成長している。昔のお前を見てみろ。かつてのお前にはできなかったことが今ではできるようになっているではないか。昔のお前には分からなかった問題が今では解けるようになっているではないか。お前は成長している。もっと自信を持て。


 頭の中の理屈。しかし心の中は違う。自分は何の成長もしていない。もっと頑張っておけばよかった。そんな後悔がたまる。


 このままでいいのか。このままただなんとなく生活しているといつかとんでもないことになるぞ。自分には夢はなかったのか。夢を実現するためにはもっと勉強しないといけないのではないか。もっと勉強しろ。もっと努力しろ。


 心の中の叫び。しかし頭の中では違う。今やらなくてもきっとなんとかなるよ。今日は疲れたしストレスもたまっているから今日はもういいや。そんな言い訳がよぎる。


 頭と心がバラバラの自分。ただひとつ共通しているのは漠然とした不安とやるせない怒り。本当にこのままでいいのだろうか。本当に。

スポンサーサイト

2005年12月18日 トラックバック(0) コメント(1)

もう青春って言われるような年じゃない気がするけど・・・。



まぁ、そういうもんなんですかねぇ。

2005年12月18日 w.v URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。