自乙組織化と磁気ポーラロソ効果

果てしなく遠い、ゴールを探しながら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

アイ,ロボット

アイ,ロボット
監督:アレックス・プロヤス
出演:ウィル・スミス , ブリジット・モイナハン , アラン・テュディック , ブルース・グリーンウッド

Story
ウィル・スミス主演による最新近未来SFアクション。ひとりの科学者が謎の死を遂げたことに対し、ある疑惑を抱いた刑事・デルは、1体のロボット・サニーに疑問を感じて調査に乗り出す。...(詳細こちら


 近未来の話。最初はあんまり期待しないで見ていたけど予想外に面白かった。

 テレビなどの宣伝を見た印象としては「ロボットの反乱」みたいな感じに思えた。自我に芽生えたロボットが他のロボットを引き連れて人間を襲う、みたいな。が、実際にはそんなに単純ではなかったのが良かった。あんまり安直すぎると見ててつまらなくなるので。

 で、CGなんかも結構見ごたえがあった。ただ、最近こういう手のSFを見てなかったのでどうもCGに違和感が・・・。やっぱりどう見てもCGは実際の映像とのギャップがあると思う。そういう点では残念だった。

 まぁ、アクションも迫力があったし、ハリウッドお約束の恋愛が入ってなかったのは良かった。ラストはもちろんハッピーエンドだったけど(゜_゜)。

 車はすべて全自動、機械もすべて声で動く世界。何もしなくてもいい世界ってのも怖い感じがする。いざ何かトラブルがあった場合、何もすることが出来ない・・・。便利になればよいっていうこの現代社会の風潮に警鐘を鳴らしている感じは(ちょっと)した。
スポンサーサイト

2005年11月09日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。