自乙組織化と磁気ポーラロソ効果

果てしなく遠い、ゴールを探しながら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

アイランド

island

アイランド 特別版

監督:マイケル・ベイ

出演:ユアン・マクレガー , スカーレット・ヨハンソン , ジャイモン・フンスー , スティーブ・ブシェミ , ショーン・ビーン


Story
マイケル・ベイが監督と製作を手掛け、ユアン・マクレガーとスカーレット・ヨハンソンが主演を務めたSFアクション大作。管理都市に暮らすふたりの男女が、あることを機に自分らの置かれた状況を悟り、脱出を試みる。...(詳細こちら


 開始30分くらいでネタがわれてしまったんでその後どうなるかなぁって感じで見ていたけど最後まで上手く引っ張れたって感じがした。この映画ってCMとかではもうすでに場面設定とかを公表していたけど。

 内容はというと、ストーリーは面白かったと思う。ただところどころ「あれ!?」って場面が結構あった。「普通そういうことしないだろう」ってな場面がチラホラと・・・。結構ご都合主義な場面があった。特にラストの場面ではそう思った。

 でも、コンセプトは良かったと思う。記憶の刷り込みといった部分とかは怖いなぁって思ったし。
近い将来起こりそうな出来事だし。人間のエゴの部分が見える。

 それにしてもこの映画のラストのその後がどうしても気になる。映画ではいかにも「ハッピーエンド」ってことで終わってるけど、その後のことを考えるとどうしてもハッピーにはなれない気がする。きっと政府とかがもみ消しにはかりそうだなぁ。これはきっと。そんな感じがする。

 まぁ、画像はきれいだったし、CGもあんまり違和感なかったし、全体的には上手くできていると思う。近い将来、あんな社会になるのかなぁ。
スポンサーサイト

2006年05月01日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。