自乙組織化と磁気ポーラロソ効果

果てしなく遠い、ゴールを探しながら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

東京発 新大阪行

 新幹線の中。窓際の席に座り、外の景色を眺める。

澄んだ空。海が見えてきた。


 ちょうど1年前、仙台まで青春18切符で日帰り旅行に行ったっけ。移動時間11時間、仙台滞在時間15分という旅行だった。今思えば本当アホやったと思う。でも仙台の町はとても良かったなぁ。仙台駅は七夕祭りの前だったんで色々と飾り付けをしていたし。車内から外を見ていると突然海が現れたのには感動したなぁ。

町に入る。遠くの方にテニスコートが見える。


 2年の夏、朝から晩までコートにいたなぁ。学年の掲示板に『毎日、朝8時からコートにいるんでぜひ練習に来て下さい。』と書き込みしたっけ。書き込みした以上行かないといけないなぁって毎朝頑張って早起きしてたわ。友人と朝9時にコートに行ったけど、二人とも眠くてテニスをせずにベンチで寝てたこともあったなぁ。

車内に視線を移す。遊園地のお土産が置いてある。


 3年の7月に富士急に遊びに行った。集合時間は午前3時!早朝というよりも深夜なんですけど…。富士急は昨日見たのになぁ(前日は富士山に行ってた)。5時間ぐらい車に揺られてやっと到着。着いてから皆ビビる。ドドンバ早~!フジヤマ高い!というかTよ。頼むから叫ばないでくれ。恥ずかしい(+_+)。

 
車掌のアナウンス。ホームが見えてきた。


 腰をあげ準備をする。もうすぐ到着だ。外は太陽の光でまぶしい。今日も暑くなりそうだ。ホームに一歩足を踏み出す。

まだ夏は終らない。
スポンサーサイト

2005年08月07日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。