自乙組織化と磁気ポーラロソ効果

果てしなく遠い、ゴールを探しながら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

交渉人 真下正義

17a85e05.jpg

交渉人 真下正義


 あの『踊る大走査線』の映画。あんまり期待せずに見に行ったが予想外に面白かった。ただ、それは中盤までは後半はちょっと・・・。

 本当、前半は面白かった。かなり緊張感とかもあったし、CGとか使って迫力もあった。犯人との電話のやり取りとかも面白かったし。鉄道管理センターとか捜査本部っぽくて格好よかった。

 う~ん。後半をもうちょっとひねってほしかったなぁ。ちょっと安直すぎた気が。後半息切れし感じがする。まだ見てない人もいると思うんであんまりストーリーとか話せないけど。でも期待していた以上に出来は良かったと思う。

 最後に、電車が暴走するってストーリーがあの尼崎の事故とダブる。協力にJR西日本って書いてるし・・・。タイミングが悪すぎな感じがした。
スポンサーサイト

2005年05月20日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。