自乙組織化と磁気ポーラロソ効果

果てしなく遠い、ゴールを探しながら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還

3b24382f.jpg

 3部作の最後。この作品の好きな所は戦闘シーン。騎馬兵が敵に向かって突撃していくところなんて、おォ、カッコいい!なんか、戦いの場面は日本と違って青空のもと、みんなが列になって戦っていく感じが好きだ。弓隊前へ~、打て~(^^ゞ!ま、でも日本の戦闘場面も好きですけどねェ。結構、大河ドラマの戦のシーンとかは結構見てる気がする。日本の場合はひと塊になって行くイメージがある。洋の東西を問わず、そういう場面はお気に入りになる。
 
 他には、巨大蜘蛛と戦っている場面もよかった。なんか本当にファンタジーの世界がしてくる場面。ドラクエとかFFとかでボスと戦っているのってこんな感じかなと思う。1部にもトロルと戦う場面があったけどそれも同じように感じた。
 
 あと、子供みたいなことを感じたが、敵は卑怯だ~って思った。だって、いっぱい人がいるし、トロルとか象みたいなのとかを率いていてせこい!こんなのでは勝てないって思った(ま、結局勝ったけど)。色々な所でワナがあったりするし、不死身の敵とかいるし・・・。よく勝ったなァと思ってしまった(笑)。
 
 最後に、この映画を見て、本当にFFやドラクエみたいな感じがした。悪の大王を倒すために冒険をし、途中、仲間と出会ってボスを倒したり、武器を手に入れたり・・・。多分、FFとかが真似をしたのだとは思うけど、ファンタジーってこんな感じかなって思った。
スポンサーサイト

2005年02月01日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。