自乙組織化と磁気ポーラロソ効果

果てしなく遠い、ゴールを探しながら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

試合前日 冬のPicnicカップを前にして

 最近テニスの調子が上がってきた。フォアハンドをスピンで練習していたら、いつの間にか思いっきり振りぬいても球が入るようになっていた。嬉しい誤算である。今まではコントロールを重視していたのでどうしても心持、力を抜いていた気がする。どうしてもフラットだとねェ。思い切り打つと入る確率が悪くなるし。それがなくなってきた気がする。だからスピードが上がり、かつ入る確率が上がってきたのだと思う。いい傾向だ
 
 バックハンドに関しては苦節3年、ようやくまともになってきた気がする。ある程度の速い球がバックにきてもなんとかクロスに返す技術はついてきた気がする。後はもう少し安定感とスピードアップ、高い球の処理を身につけたい。
 
 そして、サーブに関してもやっと1stでフラットが打てるようになってきた。今までは2ndの入る確率があまりにも悪かったので1stから確実に入れるようにしていたが、2ndがそこそこ入るようになったので1stが攻めれるようになったのだと思う。これなら少なくとも打ち込まれることはないだろう。
 
 ボレー、スマッシュに関しては、やっと人並みになったって感じがする。今まではボレーをするのにびびっていたけど、今なら何とか返せるようになってきた。後はチャンスボールを確実に決めることと、コースを狙えるようにすることだ
 
 総括としては大学生活の中で、今が一番実力がある気がする。多分、今後のことを考えてみると今がピークな感じがする。この後は研究室に入って勉強に専念していきたいのでそんなにガツガツとテニスが出来ないし。だから明日の試合は頑張っていきたいと思う。やるぞ~
スポンサーサイト

2005年01月21日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。