自乙組織化と磁気ポーラロソ効果

果てしなく遠い、ゴールを探しながら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

1月5日(水)・・・さらば枚方

f70b7c31.jpg

 ついにこの日がやってきた。のほほんと過ごしていた枚方を離れてあの筑波に帰る日だ。今までグダグダと過ごしていたが今日でそれも終了。明日からは全部自分でしないと。
 
 今日は朝10時に起床。母親はパート。父親は仕事で家には誰もいない。とりあえずネットでもして遊ぶ。今回は夜行バスで帰るので家を出るのは午後から。荷物をダンボールにまとめたり部屋を片付けたりしながらのんびりと過ごす。
 
 お昼ごろになって母が帰宅。一緒にご飯を食べてからちょっとグダグダ。あんまり速く出ても午後10時までいないといけないので暇になるからだ。部屋を片付けて午後3時ごろに出発。また半年後だなァ。
 
 最寄のバス停からバスに乗って長尾駅へ。長尾駅からJR京田辺駅へ。ここで近鉄線に乗り換えて京都駅へ。ここから午後10時に夜行バスが出るのである。
 
 京都駅についたのが午後5時。とりあえず暇なので京都駅ビルを散策。結構中は広い。が、みやげ物屋ばっかなのであんまり見ていて面白くない。ということで地下鉄を使い三条に行くことにした。あそこなら暇つぶしになるような所がいっぱいある。
 
 地下鉄に乗って4条へ。そういえばNHKの大河ドラマは『義経』だっけ。義経と言えば弁慶との五条大橋の戦い。というわけで歩いて五条まで向かう。三・四・五条はそんなに遠くないので歩いてすぐに行ける場所である。五条大橋も10分くらいで到着。知ってはいたが五条大橋は今はただのコンクリートの橋。車がガンガン通るような道である。何の趣もない。が、考えてみれば何の変哲もないコンクリートの橋が色々な歴史を持っているというのは京都には良くある。何気ないお寺とか記念碑が高校の教科書に出てくるような所とかよくある。そういうのが京都の面白さである。
 
 五条大橋を通ってから逆方向に向かい三条へ。三条のデパートなどに行って暇つぶし。京都の面白い所はデパートの出てすぐにお寺があるところである。こういうのは大阪にも東京にもないこと。ここらへんも京都らしい。
 
 この後喫茶店に入ったりして時間潰しをしてやっと10時。夜行バスに乗り込む。これで次起きたら東京か。さらば京都!さらば枚方
 
[今日の写メ]
京都駅の写真。
スポンサーサイト

2005年01月10日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。