自乙組織化と磁気ポーラロソ効果

果てしなく遠い、ゴールを探しながら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

なんかうまくいかない

そういい続けて早2年・・・。

実験のことです。

続きを読む

スポンサーサイト

2007年10月21日 トラックバック(0) コメント(0)

データを出せ!

先生から学会に提出したいなら
11月中旬までに結果を出せって言われた。

続きを読む

2007年10月05日 トラックバック(0) コメント(0)

歪みの読み方

みなさん
「歪み」
って何て読みますか?

















普通の人はこれを
「ゆがみ」
って読みます。

ただ材料工学をやっている人は
「ひずみ」
と読みます。

でもいつも僕は間違えて
「ゆがみ」
と読んで先生に怒られます。

本当のところはどちらも読むみたいで
wikipediaでは両方書いてありますし
パソコンの変換ではどちらの読みも「歪」の漢字がでます。

ちなみに半導体をやっている人は
この言葉を結構聞きます。
「格子定数の差による歪み」
みたいな感じで使います。

専門でない人は何を言ってるか分からないとは思いますが
僕は間違えないように
今度から気をつけたいと思います。

2007年07月18日 トラックバック(0) コメント(0)

受験英語について

夏です。
受験生にとっては天王山の季節です。

今、受験生は数学や物理、英語といった科目を勉強していると思います。
特に英語は今、単語帳を使って英単語を覚えている最中だと思います。
それか構文や文法、長文読解などの勉強をやっている人もいるかもしれません。

そもそもなんで英語を勉強するのでしょうか。

もし、英語をコミュニケーションのひとつにするだけなら難しい構文を覚える必要などありません。
日常英会話を暗記すればいいだけです。

では、なぜ文法を勉強するのか。

それは大学に合格するために必要だから。
ではなぜ大学の試験に英語が必修なのか。

それは『英語の論文を読むために必要』だからです。

そもそも入学試験の目的は

「大学に入って授業を受けても十分についていけるほどの学力を身につけているか」

だと思います。

だから英語や数学、物理を受験科目にしているのです。
これらの科目は大学に入ってからも必要となります。

よく「受験英語を勉強しただけでは英語を話すことが出来ないので必要ない」
という意見を聞きます。

これは間違いです。
そもそも目的が違います。

受験英語は論文やセミナーを受講するのに必要なのです。
英語の論文を読んでいると平気で関係代名詞や , which といった構文を目にします。
これは文法を勉強していないと意味を取り違えてしまうことになります。
だから英語の文法、構文は大切なので受験にも出てくるのです。
試験を作っているのは毎日論文を読んでいる教授方なのですから。

ちなみに本格的に英語を必要になるのは大学4年生からです。
この時期から先生から英語の論文を渡され、英語のプレゼンを聞かされます。
逆に言うと大学の3年までは英語はほとんど使いません。
授業は基本的に日本語で行われます。

だから浪人生が現役で受かった友人に「大学に入ったら英語は使わない。」っていうのは間違いです。
彼らは3年後に間違いなく辞書片手で論文を読む羽目になります。

だから受験生は安心して英語の勉強をして下さい。
僕も高校時代に学んだ英語は今現在かなり役立ってます。

2007年07月13日 トラックバック(0) コメント(2)

研究生活の矛盾

今、大学の研究室で院生として実験をやっているけど
どう考えてもおかしいことが多々ある。

ひとつは拘束時間。

実験の関係上、夜遅くまで学校に残っていることがあるけど、
他の研究室の明かりがついていることが多い。
確かに夜型生活で昼から来てる人とかもいるらしいけど
これっておかしいと思う。
なぜなら夜10時を過ぎても実験や研究活動をしているなんて・・・。
そこまでしないといけないのか。

ここで俺が何を言いたいのかというと
この実験や研究がすべて

『無償』

で行われている点。
これは明らかにおかしいと思う。

朝から晩まで頑張って実験してデータを出し
論文を書いて学会に発表する。
かなりハードなことをやっても給料が出ない。
これだとどうしてもモチベーションが下がってしまう。

確かに実験装置や原料をタダで使っている面もあるし
教育の現場なのでしょうがない点もあるけど
これだとどうしても経済的につらくなっていく。
修士卒ならまだしも博士までいっちゃうと
親の経済的支援も厳しくなるし。

日本の大学の研究生のイメージは

『修行』

って感じがする。
教授に教えを請い、無償で雑用をこなす。
そして無事卒業すれば今度は教える立場になる。
そんなイメージ。

こんなじゃ博士を持った学生は増えないと思うんだけどなぁ。
院生には給料が出るシステムにすれば
それだけ責任も生じるし効率も上がると思うのだが。
給料をもらってもいいぐらい実験をやっている人とかいるし。
なんとかこのシステムを変えてほしい。

2007年06月26日 トラックバック(0) コメント(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。