自乙組織化と磁気ポーラロソ効果

果てしなく遠い、ゴールを探しながら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

300〈スリーハンドレッド〉

300〈スリーハンドレッド〉300〈スリーハンドレッド〉
(2008/07/09)
ジェラルド・バトラーレナ・へディー

商品詳細を見る


中身があるようでない、
そんな映画でした。

内容は300名のスパルタ兵が
持ち前の身体能力と根性で
大軍勢のペルシア軍と戦うお話。

ストーリー展開として
あきらかに分かる複線とかあって
ぼ~っと見てても理解できる映画。

見てて楽っちゃ楽。

ただ、血しぶきや手首が飛んだりとか
結構グロい場面が多かったのがちょっとつらかった。

あと、ちょっとエロい描写もあった。

ま、あんまり期待してなかったけど
その期待通りの映画って感じかな。
DVDで見るにはちょうどいい感じ。

2008年09月21日 トラックバック(0) コメント(0)

崖の上のポニョ

子供を強く意識した映画だと思う。
『はじまり』『おわり』ってひらがなで書く部分とか、
メッセージ性があんまりないところとか。

子供に見てほしいって感じだった。

でも、映画館で売っていたグッズはオフィス製品が多くて
OL向けのものばっかだったんだなぁ。

宮崎駿とスポンサーとの考え方の違いか。

それにしても、5歳の男の子は大人びていたな。
難しい言葉とか使えるし、船との交信で使うモールス信号とかもできるし。
俺が5歳のときは何も考えてなかったのに。

あと、女の子にモテモテなのが面白かった(笑)。

映画の内容はちょっと物足りない感じがした。
やっぱり子供向けなのか、もうこれで終わりって感じがする。

でも、さすが宮崎駿映画。見てて飽きないし、結構迫力のある部分もあったし、
映画として完成度は高いと思う。

あとはポニョを見てどれだけ癒されるかだな。

2008年08月13日 トラックバック(0) コメント(0)

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド 2-Disc・スペシャル・エディションパイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド 2-Disc・スペシャル・エディション
(2007/12/05)
ジョニー・デップ.オーランド・ブルーム.キーラ・ナイトレイ.ステラン・スカルスゲールド.ビル・ナイ

商品詳細を見る


オチはどうせみんなハッピーエンドで終わるでしょう、ディズニーだしって思ったらちょっと予想外のエンディングになってびっくりした。

そういうオチかって感じ。完全なハッピーエンドでなかったからちょっと意外だった。

あと、ストーリーが後半よく分からなくなってきた。
なんでこうなるの?って疑問がいっぱい浮かんできた。

もうちょっと説明が欲しかったな。
解説係がいればもうちょい分かりやすかったのに。

迫力は申し分なく、アクションシーンも多彩で面白かった。
途中ヒロインが完全に戦闘要員になっていたのは面白かった。
戦うヒロインはバイオハザードみたい。

3部作を全部みたけど結構面白かったと思う。
3つの中で一番面白かったのは1、
で、次が3。
2はラストが尻切れなんで駄目だな。

2008年06月29日 トラックバック(0) コメント(0)

ジャン=クロード・ヴァン・ダム ザ・ディフェンダー

ジャン=クロード・ヴァン・ダム  ザ・ディフェンダージャン=クロード・ヴァン・ダム ザ・ディフェンダー
(2007/07/25)
ジャン=クロード・ヴァン・ダム.ラザーク・アドティ.ヴィヴィカ・A・フォックス

商品詳細を見る


う~ん、久々のアクションものだったけど・・・。

内容はイラク帰りのPTSDのおっちゃんが命を狙われている元ヘビー級チャンピオンの護衛をするって話。
ただそれだけ。

でもドンパチものってそれだけでいいと思う。
ストーリー性まったくなしな感じが分かりやすくて。
その割り切りがあった映画ではあったと思う。

特徴的だったのが所々でラップっぽいところがあったところかな。
やっぱり黒人にはラップがよく似合う。

それにしてもたんなるチンピラと軍人とじゃ鍛え方が違う!ってのが裏のコンセプトなのかな。
護衛を教育するシーンで銃をカッコつけて打ってはいけないって指導のあとに、
敵方がそのカッコでバンバン打ってるのは面白かった。

それじゃ当たらないわw

あと、これ書いて知ったんだけど、原題は

THE HARD CORPS

らしい。邦題とまったく違う・・・。

2008年06月09日 トラックバック(0) コメント(0)

ラッキーナンバー7

ラッキーナンバー7 DTSコレクターズ・エディション(2枚組)ラッキーナンバー7 DTSコレクターズ・エディション(2枚組)
(2007/06/22)
不明

商品詳細を見る


面白かった。

内容は結構単純なんだけどよく作られている感じがした。

本当、単純なストーリーなんだけど
作り方ひとつでこんなにも変わるもんだとは思わなかった。

暗い話なのに結構コミカルに作っているし。

ちょっとエロチックなシーンと血がでる場面が多いので
大人向きな映画だとは思うけど。

場面場面にちりばめていたヒントが
最後の最後に全部つながっていくのが
見てて爽快だった。

とにかく、予想に反して面白かった。

2008年06月01日 トラックバック(0) コメント(0)

DEATH NOTE デスノート the Last name

DEATH NOTE デスノート / DEATH NOTE デスノート the Last name complete setDEATH NOTE デスノート / DEATH NOTE デスノート the Last name complete set
(2007/03/14)
藤原竜也、松山ケンイチ 他

商品詳細を見る

後編
かなり面白かった。

ラストが原作と違うって聞いていたから
どんなオチがまっているかと思ったら・・・。

ちょっと予想外でした。

ただ、原作を全部無理やり詰め込んだ感はちょっとあったと思う。
そこまでいれなくて、ちょっと削ったほうが良かったような気もする。

ただ、ラストのどんでん返しはすごいな。
Lの執念を感じた。

ネットでの評価はあんまり良くなかったんで
期待せずに見ていたけど、予想外に良かった。


どっかのサイトでも言ってたけど
「デスノート」ではなく、普通の映画としてみれば
もっと評価があがっていたような。

まぁ、原作があるもんはどうしても比較してしまうもんやし。

あと、恋愛要素があんまりなかったのが良かった。
というか恋愛を利用するといった狡猾さが面白いな。

2008年05月05日 トラックバック(0) コメント(0)

DEATH NOTE デスノート 前編

DEATH NOTE デスノート / DEATH NOTE デスノート the Last name complete setDEATH NOTE デスノート / DEATH NOTE デスノート the Last name complete set
(2007/03/14)
藤原竜也、松山ケンイチ 他

商品詳細を見る


漫画は全部読んだことあるけど映画を見るのは初めて。
まずは前編。

ストーリーはちょっとずつ変わっているけど
おおむね原作通り。

もうちょっとライトは慎重なイメージがあったけど
映画版のほうが軽率な部分があるような気がする。

ただ、ラストの映画オリジナル部分については良かったと思う。
ああいう「捨石」的な発想は面白い。
名前の取得方法とかも現実的な感じがしたし。

で、尻切れで終わったので後半も見ないといけなくなった。
後半も映画オリジナルな部分があるらしいので
楽しみにしておく。

2008年05月04日 トラックバック(0) コメント(0)

タブロイド

タブロイドタブロイド
(2006/09/22)
ジョン・レグイザモ、レオノール・ワトリング 他

商品詳細を見る


南米が舞台の映画。

日本やアメリカと違って生活の様子などが全然違う。
拘置所とか。

アスファルトの上ではなくて地面の上や川沿いに住んでいる。
文化が違うと風景は全然違うな。

で、内容はというと
ちょっと見るのに苦痛を感じる映画だった。

なんかながら見とかしないと見るのがきつかった。
なんでだろう。

テーマがちょっと重かったからか。
あんまりテンポが良くなかったからか。

皮肉が聞いていたり、内容は考えさせられるものだったけど、
映画の面白さとしてはう~んって感じだった。

2008年05月03日 トラックバック(0) コメント(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。